寒中水泳の妊婦フィットネスにこだわりがあって糖分エネルギーを補充することに注意して

冬が訪れ、いくつかの人から寒中水泳体を鍛えて、最近、私は1位の団地に詳しい水性の男子初寒中水泳は軽率に進水、結果だけで数分に痙攣を起こし、不幸水死.筆者がここで注意して、寒中水泳,水温が低く、簡単に等しい夏の水泳のスク水など,妊婦、初心者に試みまえに関する知識を十分に理解し、入る前に準備作業.

寒中水泳体に高い要求を強調する状況、主に体がほとんどない病気は、良好な状態でないし、最近の肺疾患など、気管支炎、気管支炎など.インフルエンザ患者の寒中水泳のないほうがいい.寒中水泳者は無心血管疾患.また、寒中水泳の前の準備をしなければならない 紅蜘蛛.進水前は筋肉と筋肉活動をして、脱衣に適応して寒さの気温に適応して、体を冷やすことに適応して、このようにして急に冷却する過程中で痙攣することにします.

1位の長年の寒中水泳の経験のベテラン紹介、常人には、一般的に,水の下でとどまる時間長すぎるべきでなくて、ご~じゅう分は岸に一度.低温状態で14分超えて、神経が凍、意識状態で昏睡状態になっている昏睡現象が発生し、人は意識不明になります.接岸後、すぐに水を拭いて、服を着て保温して、そして適切な運動は体温を回復正常に回復する.には長年寒中水泳の人にとって、携帯救命設備.寒中水泳の過程の中でいくつかの食べるものも備え、入る前に接岸した後に一粒食べたり、砂糖や2杯飲むガムシロップ、消費エネルギーを補充して.

更年期女性選択保健の妊婦5大原則

女性は更年期についても補充保健品、更年期障害、生活質向上、生活の質を向上させます
催淫剤.では,妊婦、女性更年期サプリメント保健品はどんな場合に注意して、最良の利益を得ることができますか?

に、女性更年期に保健品を補充し、医師に相談する以外、以下の五大原則:

は、以下の五大原則:

には必要ですp> <いち.蛋白質が体内の代謝が更年期の女性は徐々に分解代謝を主として、消費のために補正機能を維持して、機体の組織代謝、補修増強抵抗力が必要で,機体は、タンパク質の供給を大切にすべきだ.そのため、女性更年期サプリメント保健品は、必ずたんぱく質補充問題を優先的に考慮して.

に.注意血補血女性の更年期,内分泌が乱れ、卵巢機能を招きやすいのが衰退し、月経、月経が増え、深刻な者になるため、貧血、血補血無視できない.女性の更年期の補充に至って何保健品血補血、専門の医師が、自身の状況によって選択.